感動を蔑ろにした農夫と子山羊

「少年」は好き?嫌い?さまざま思いがあるかもだけど、そんなに悪いもんじゃない気がする、「サイダー」は。そうは考えない?

前のめりで吠える子供と失くしたストラップ

今季は、泳ぎに行っていないが、楽しみに大変行きたい。
現在、子供が2歳なので、波打ち際でちょっと遊ぶ程度ですが、想像するけれどおもしろがってくれるだろう。
だけれど、現在、オムツをはいているから、他の遊んでいる人の事を思ったら海水に入れないのがいいかもしれない。
それ用のオムツもあるが、ニュースでも議論になっているらしいので。

具合悪そうに叫ぶ姉ちゃんとよく冷えたビール
ちいさい時から、読書は好きでしたが、暇なときに、家や図書室にある本を読んでいました。
真剣に楽しんで進めるようになったのは、高校3年生の時。
国語の授業で、よしもとばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
ストーリーは、付き合ったいる人を失ったヒロインの、高校時代の思い出が始まりです。
恋人を亡くすなんて経験なんて当時も今も、もちろんありません。
しかし、高校時代の私に主人公の絶望重複してしまいました。
初の感覚でした。
ヒロインと、その時の私の年が近かった事、それもあってだと思います。
学校帰りに、それを買ったのが本購入の一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のストーリーですが、ずっと人気のある名作かもしれません。

陽の見えない土曜の昼に冷酒を

人によって、好きなものや好みが存在すると思っているけれど、それらを聞いてみるのが好き。
友人に問いかけてみたところ、まとまったお金、良い生地の下着、母の事が大好きとの事。
その上、男性の血管の出た手の甲。
それと、スペイン語の響き。
自分にはわからない。
りんごあめ、肌に直接厚手のニット、軽い香水、声のかすれた男女が好きだと、言ってみた。
同じく意味不明だと言われた。
まさにこれは、フェチという部類らしい。

気どりながらダンスするあの人とアスファルトの匂い
六本木の夜の女性を見ていると、素晴らしいと思う。
それは、キメキメのルックス、会話、そのための努力。
お客さんに完全に勘違いをさせないで、夢を与えているとちらつかせながら、太客になってもらう。
そして、もしかするとコイツ、僕に本気なのかな?など気にしてもらう。
このバランスのとり方が、どの職業よりも、絶妙だ。
それよりも、私はナンバー入りのホステスの給料がとても知りたい。

天気の良い水曜の午後は熱燗を

まだ行ったこともないウォッカの国、ロシアに、一回は行ければという夢がある。
英語のクラスに飽き飽きした時、ロシアの言語を学んでみようかと思い立ったことがある。
結局、さらりと読んだロシア語の文法の参考書をみて一日で辞めた。
verbの活用の種類が半端なく例外だらけだったのと、発音の巻き舌。
旅行者としてウォッカとロシア料理を楽しみにいけたらいいなと思う。

前のめりで口笛を吹くあの子と履きつぶした靴
仕事で着るスーツを買いに行った。
コムサ等フォーマルなショップもいいな〜と悩んだけれど天神コアも良いと思う。
若くて活発な女性向けの服屋でピタッとした服が多い。
値段は店舗によっての違いが表れるが、ほとんどがリーズナブル。
そこで、製品を選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着てみると、少しは色っぽく見えるような気がする。
良いショッピングが達成できて、とってもうれしかった。

雨が上がった火曜の午前はお酒を

新入社員の頃、株の取引に興味をもっていて、買いたいとおもったことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったのだけれど、しかし、一生懸命稼いでためたお金が簡単になくなるのも恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座は開いて、資金も入れて、パソコンのボタン一つ押すだけで買える状態にしたけれど、恐怖で買うことが出来なかった。
頑張って、働いて稼いでためたお金だから、稼いでいる人たちから見たら少額でも少なくなるのは恐怖だ。
けれど一回くらいは買ってみたい。

陽気に叫ぶ君と草原
何年か前、短大の卒業旅行で、同級生と3人で船に乗ってソウルに観光に向かった。
初めての海外旅行で、ホテルに1泊2日の滞在だった。
街中をずっと歩いて、充実させていたけど、そのうち道に迷った。
日本語は、全然通じないし、韓国語も少しも通じない。
そしたら、韓国のお兄さんが、流暢な日本語で戻る方法を伝えてくれた。
今より若いころに横浜に留学して日本文化の学習をしたらしい。
それがあって、また、順調なツアーを続けることが可能になった。
最終日、駅で道を説明してくれたその人にまた再会した。
「来てくれてありがとう」と言われたので、みんなこの国が好きになった。
いつも有給休暇は韓国観光が計画されている。

どしゃ降りの大安の朝に散歩を

夕方、時間にゆとりが作れたので、TSUTAYAへ足を運んだ。
新たにmp3playerに挿入する楽曲を探すため。
この春、持ち歩いて聞いたのが西野カナさん。
常に聞いているのは洋楽。
ヨーロッパの音楽もかっこいいなーと思っている。
そう思い立って、今回レンタルしたのはボンボンフレンチだ。
甘いヴォイスと仏語がなかなかGOODだと思う。

目を閉じて歌うあいつと私
どんなことでもいいので一つの習い事でも習慣でも、長期でコツコツ続けている根気のある人に尊敬する。
フットボールでも、絵画でも、凄く目立たないことでも。
例年通り一回、あのメンバーで、あの温泉旅館に泊まる!でも良いんじゃないかなと思う。
何か一個の事を続けると最後には実用までたどり着くことがあるだろう。
あれは、保育園のころにピアノと絵の2つを教わっていたが、また学習したいな。
そう考えるのは、部屋の角に祖母に買ってもらったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一回学習したいと目的がある。

Copyright (c) 2015 感動を蔑ろにした農夫と子山羊 All rights reserved.

サイトコンテンツ