感動を蔑ろにした農夫と子山羊

君が想像する「ドラマ」と、みんなが思う「恋」は、もしかすると全然違ってるかもしれない。そうやって想像してみると、ちょっぴり面白くない?

蒸し暑い金曜の昼にゆっくりと

2年前から、南九州に住むようになって台風の直撃をとても気にかけるようになった。
風の強さが全く違うからだ。
大分に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風の強さが全く違う。
サッカーのゴールポストが転がり走ると聞いたときは、オーバーだと思ったが、事実だった。
風速がすごい台風が通った後は、高いヤシや高い樹は道路に倒れ、海辺の道路はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海近くの家では、車のガラスが割れたり、家のガラスが割れ、風が入って天井が壊れたりと本当かと考えていたようなことを目撃した。
直撃せずにかすめていくだけでも風はすごく強く、古い家にいると家の揺れる音がめっちゃ心配してしまう。

一生懸命走るあいつとあられ雲
めっちゃ甘いおやつが好きで、ケーキなどを自作します。
普通に自分で一生懸命混ぜて、焼いて作成していたけれど、このごろ、ホームベーカリーで焼いてみた、たいそう手軽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンをすって混ぜたり、バナナを混ぜたり、栄養が摂取できるように気を付けている。
シュガーが少なめでもニンジンやかぼちゃの甘味があることによって、好んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて言葉もテレビで言っているからごくふつうだけれど、しかし、若いころは、甘いお菓子を自分で焼いているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そういう男性が増えたねとも言われてそれも寂しい。

汗をたらして口笛を吹くあなたと僕

旅でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
縁があるのは、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女性だったらコスメブランドや服など興味がある人も多いだろう。
韓国人は外見、つまり外見を磨くことに関しての勢いは強い。
就職や、お見合いの際に、日本よりも露骨に判断するシチュエーションが多々あるとか。
そんな傾向から、韓国製の化粧品は、美容に効果抜群の成分が、日本の商品より、多く含まれている。
なので、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが効果は期待してもいいだろう。

騒がしく自転車をこぐ姉妹と夕焼け
タリーズコーヒーでも、個人経営の喫茶店でもいろんな場所で香り高いコーヒーを飲める。
他にも、オフィスでインスタントでも飲めるし、いろんな場所で缶コーヒーでも。
私が好きなのがスタバだ。
全店禁煙と言うのが、煙草の嫌いな私にはありがたい。
よって、コーヒーの香りをより楽しめる。
値段も高いけれど、最高の豆が使用されているのでコーヒー好きにはたまらないと思う。
甘いもの好きには入店の度にコーヒーと一緒に、つられて甘い物も頼んでしまうという落とし穴もある。

天気の良い木曜の日没に椅子に座る

この国には、たくさんの祭りが存在するようだ。
自分の目で確認したことはないけど、良く知っている祭事は、秩父夜祭りだ。
絢爛豪華な彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を観光した日に、画像や実際の大きさのそれらを見せてもらった。
寒い冬に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
参加して見たい祭りの一個である。
冬祭りとは逆に、夏に開かれているのは、福岡市東区の放生夜があり、命ある者の殺生を制限するお祭り。
江戸の時には、このお祭りの開催されている間は、漁業も禁止されたという。
受け継がれてきた祭事も大事だが、私はりんごあめも同じくらい好き。

自信を持って話す友達と気の抜けたコーラ
油絵やフォトなど芸術が大好きで、絵も得意だと思うけれど、ものすごく写真が苦手だ。
それでも、過去に上機嫌で、ペンタックスの一眼を持ってた時期もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
信じられないくらいピントが合わないし、変なアングルなので、カメラがあきれているようだった。
だけど、レンズや現像はやっぱり最高に楽しいと思っている!

蒸し暑い日曜の昼に窓から

夜、寝れないとなれば、家にあるDVDをなんとなく見るのが楽しみ。
こないだ見たDVDは、「エスター」というタイトルの米映画だった。
ヒロインの、エスターと言う子はしっかりしているけれど少々不思議な女の子。
ラストに思いもよらない結末が見られる。
それを見る経過で、最後にわかる事実が理解できる人がいるか疑問なほど意外すぎる真実。
それは、ドキッとさせるわけでもなく、恐ろしくゾッとするような結末だった。
作品は、眠くない私の毎晩の時間を濃い物にしてくれる。
とは言うものの、絶対ビールと常に一緒なので、体重が増加するのが怖い。

雨が降る土曜の深夜はカクテルを
きのうは、久しぶりに大雨になった。
ウキ釣りの約束を妻としていたのだけれど、雷が鳴っていたので、さすがに危なくて行けない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やはり行くということになったのだが、釣りに行ける道具の準備をして、行ってみたけれど雨が降ってきた。
またの機会に行ける日にと話して釣りざおなどをなおした。
明後日からは晴れそうだ。
なので、次こそ行ってみよう。
次の機会にと話して釣りざおなどを片づけた。
明々後日からは雨じゃないらしい。
なので、次こそ行ってみよう。

ノリノリで熱弁する父さんと公園の噴水

今のようにネットが必需品になることは、小学生だった自分にはよくわからなかった。
品物を売る店はこれから先厳しくなるのではないかと思う。
パソコンを使って、できるだけ安い物をを探すことが不可能ではないから。
競争がピークになったところでこのごろよく見れるようになったのが集客アップを目的にしたセミナーや情報商材だ。
今は、成功するための方法が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

ゆったりと走る父さんと暑い日差し
慢性冷え性になってからは、多少は辛いけれど、結局寒い季節がマストだ。
部屋の空気が乾燥しているので、引き締まったような匂い、それに布団の温かさ。
真冬の陽の光ってリッチな気持ちにしてくれるし、一眼レフを持っていく、朝の海岸もきれい。
空気を撮りたかったら、一眼レフもGOODだけれどトイカメラでめちゃくちゃ連写するのがお洒落で雰囲気のある一枚が発見できる。

Copyright (c) 2015 感動を蔑ろにした農夫と子山羊 All rights reserved.

サイトコンテンツ